ホームズ倶楽部来場予約お問い合わせ資料請求ホームへ
2×4

 

外気温が伝わりにくいTSW。

日本の四季の変化。
高温多湿な夏、厳しい冬の寒さに対していかに快適な室内空間を設計できるか。
冷暖房効率を高め、省エネ・省コストにつなげられるか。
住まいの快適性を考えた時、遮熱性・断熱性はとても大切な性能です。


遮熱材とロックウールによる遮熱断熱併用構造。

なぜ「遮熱」なのか?


私たちは生活している間に常に【熱(暑さも寒さも含む)】を受けていますが、その熱の種類と割合を知っていますか?
実は日本人が住宅を造る場合に、断熱として重視してきた伝導熱と対流熱は、熱全体の30%にしかすぎません。
ところが、欧米では90年以上も前から、輻射熱を防ぐことが優れた省エネルギー住宅を造る手段として実践されてきました。
輻射熱に有効な【遮熱】を施すことで、熱に対してより効率のいい家にすることができます。


TSW工法で使用する遮熱材は輻射熱を98%反射


太陽からの輻射熱(電磁波)は、物に当たると熱を発生し、その物体の温度を上昇させる性質をもっています。体温が36.5℃より10℃以上
も低い気温25℃でも日向にでると汗が吹き出るような暑さを感じるのは、輻射熱が身体に当たり、身体自体が熱をもってしまうからです。
樹木や建物の影に入ると輻射熱の一部がカットされますので、少し涼しく感じるのです。
このように私たちが熱さを感じるのは、気温よりむしろ照射される輻射熱の量に影響を受けている事が解ります。 TSW工法の遮熱材は、この輻射熱の98%を反射してしまいますので、自然環境に非常に近い超日陰をつくる事ができます。

遮熱・断熱

TSW工法の遮熱材の性能

遮熱・断熱

室温29度でもエアコン不要な訳(体感温度の変化)


遮熱で冬場はポカポカ!!施工者共通の声


熱は温かい方から冷たい方へ移動のルールに従い冬場の室内の熱は、室外に向かって放射されます。
遮熱をする事により、この熱は室内側に戻されますので、室内

は暖かい環境となります。又、冬の日射は低角度で室内に侵入しますので室内奥深くまで熱を持ち込んでくれます。

遮熱・断熱

TSW工法の遮熱材は劣化しません!


TSW工法の遮熱材は一度施工すると、半永久的な効果を発揮し、改築時の再使用も可能です。

遮熱は結露の発生を抑える為、室内環境は抜群!


全米の多くの機関の報告として、建物を通過する熱の約75%は輻射熱であると言われています。遮熱材は、この輻射熱の98%を反射し、壁体内と室内の温度差を少なくします。
その結果、熱の移動にともなう空気の移動(対流)が少なくなくなる為、空気中の水分も移動せず、壁体内への湿気の流入が激減します。


断熱材が保温材としての役割に変化


TSW工法では建物外部の熱は断熱材の室外側にある遮熱材が反射してしまう為、断熱材は室外熱の影響をほとんど受けることがありません。
さらに遮熱材が建物内部からの熱を反射する為、室内側にある断熱材は、室内の熱を蓄えていきます。その結果、断熱材は保温材としての機能の方が高くなっていきます。

遮熱・断熱

湿気の流入を防ぎ耐久性を高める9層構造

耐久性
新日本ホームズの取り組み

木の高い断熱性とムラのない充填断熱の気密性


新日本ホームズは、外断熱にする必要がないほど高断熱
外断熱とは、断熱層が柱・壁など構造材の外側に配置された断熱方法のことです。コンクリート造や鉄骨造など熱を伝えやすい構造の場合は、ヒートブリッジ(熱橋)減少や構造体の結露を抑えるなどのメリットがあります。ところが、木の構造はそれ自体の断熱性が高く熱を通しにくいため、断熱欠損の心配がありません。外側を断熱層で覆う必要もなく、すべてのお施主様に均質な性能の住まいをお届けします。

遮熱・断熱

断熱・遮熱・通気実験


大学研究室の協力を得て、断熱・遮熱・通気の検証に取り組んでいます。
3棟の実験住宅を建設し断熱・遮熱・通気の仕様変更を繰り返し、夏期・冬期の居住性向上を目指して大学研究室の協力を得て、検証に取り組んでいます。日々、より良い断熱工法の開発に取り組み商品開発に役立てます。

遮熱・断熱

省エネ基準が平成25年10月1日から改訂されました

省エネ基準
  • 熱の逃げにくさ
  • 熱の入りにくさ

外壁の断熱・結露対策

外壁の断熱方法は図のように、壁体内に断熱材を充填した充填断熱工法を採用しています。厚さ90mmの住宅用高性能ロックウールと空気層(通気工法)を併用することによって、冬場、外部からの冷気の影響を遮断し、夏季の冷房効果を高めます。充填されるロックウールは、防湿・耐水性、万一の火災などにも燃えることのない防火性、健康に悪影響を及ぼすことのない安全性、経年変化のしない耐久性、省エネ効果による経済性などの点で優れています。また、通気シート(防水紙)は、外部からの水分や湿気などを遮断して、壁体内の湿気を効果的に排出し結露を抑え、壁体内を常に乾燥状態に保ち続け木部を守り、断熱性能を維持します。弊社の実験棟で行った実験では、北部九州地方の気候では壁体内で結露を起こし、それが長期間持続する程の温度差は発生しないという実験結果が出ています。

  • 結露対策
  • 昭和63年築(当社施工)の
    住宅の壁の内部を撮影

    北側の納戸内の石膏ボードを剥がした所を撮影。壁の外は擁壁になっており、非常に結露が発生しやすい環境であるにもかかわらず、長い年月を経ても全く結露やしみの形跡も無く、構造体、合板ともに大変良い状態を維持しています。 また、当時の標準であった50ミリのグラスウールも内部劣化がありません。

結露対策

床下からの湿気を遮断する・床断熱対策

ポリスチレンフォームとロックウール

当社基準は防湿フィルムの上に、べた基礎施工を標準としていますので、床下からの水分の上昇は万全の対策をとっております。
又、床下の断熱材は、暑さ60mmの押出法ポリスチレンフォームを全面に使用し、床下からの寒気を遮断します。

床断熱

◎湿気に強いロックウール断熱材です。
◎室内側は、ポリエチレンフィルム貼りで湿気をシャットアウト。
 施工時には不陸(ふりく)が目立ちません。

熱伝導率
  • ロックウール断面図
  • 室内側ポリエチレンフィルム
高い断熱性

ロックウールと遮熱防水透湿シートのW遮断熱効果

気密化した住宅と同等の断熱性能

断熱仕様と熱損失量の違い

高性能サッシ・Low-E複層ガラス

室内側に熱伝導率の低い樹脂形材、室外側には耐候性・耐久性に優れたアルミ形材を採用。異なる2つの素材の特長を生かし一体化させた複合構造により、高い断熱性を発揮します。
復層ガラス
資料請求お問合せ

ページトップ