ホームズ倶楽部来場予約お問い合わせ資料請求ホームへ
基本仕様

 

永く快適に住み継がれるための基本性能

確かな基礎と堅牢な構造のTSW工法
いつ襲ってくるとも限らない地震や台風に対する強靭な構造、万が一の火事に対する設計工夫。 家族と資産を守り抜く、資産価値を長く保つ新日本ホームズの品質は、良質で長寿命な家づくりを応援する「長期優良住宅制度」に標準仕様で 適合しています。

TSW工法の特徴

TSW 工法の構造体の考え方

建物には色々な外力がかかります。地震による揺れ、風による揺れ、建物内荷重等が代表的なものになりますが、この建物内にかかった力を「どのように逃がすか」が構造体の強度を決めます。
一戸建て(低層建築物)の場合は、建物にかかった外力を上手に分散しながら基礎に伝え、最終的に基礎から地盤に逃がすように考えられています。
TSW工法では、建物にかかった外力をモノコック構造により、極所集中させることなく分散し、基礎との高い緊結力により安全に基礎に伝えます。
伝わった力は頑丈な基礎で受け止め、地盤へと逃がします。


TSW は頑丈なモノコック構造


モノコック構造の特徴

モノコック構造とは
木質パネル同士を面接合することで、強固な「モノコック構造」となります。「モノコック構造」とは、ジェット機の胴体部やF1レーシングカーのコクピットなどと同じ一体構造のことで、どの方向から荷重がかかっても全体に分散して受け止めるため、部分的なひずみが生じにくく、素材の強さを最大限まで引き出します。

荷重や揺れに対し面で支える構造なので強い

モノコック構造

TSW工法のメリット

【頑丈な床】
2階の床は3.640mmのスパン以上は2重の床根太で施工し、
曲げ耐力比・せん断耐力比ともに2.0倍を確保。
【頑丈な壁】
壁パネルの緊結部(頭つなぎ)を強化し、引張り耐力比2.0倍を確保。
【高い緊結力】
アンカーボルト(基礎と土台を緊結する部材)を標準の約2/3の間隔で設置。 せん断耐力を大幅に向上。
【耐風性能の強化】
台風への対策として屋根瓦を強風施工にしています。
【耐火・遮音性能UP】
2階床下に断熱材を挿入することにより耐火性能と遮音性能を向上させています。
【信頼性の高い部材】
構造材料はJAS規格の厳しい基準をクリア。

TSW工法は頑丈な基礎構造

基礎の構造
TSW工法の標準基礎構造は「ベタ基礎」を採用しています。ベタ基礎の場合、床全体が鉄筋コンクリートの盤となりますので、万が一、部分的に地盤が下がっても安心です。また、地盤にかかる荷重が均等になりますので、ピアノ・大量の蔵書等の一部に大きくかかる荷重にも対応可能です。(但し、根太の補強は必要です。)標準以外の基礎工事が発生する場合は、事前に協議提案いたします。
  • 基礎配筋
  • ベタ基礎
ベタ基礎

TSW工法は床下湿気対策が万全

1.TSW工法は地面からの湿気を遮断

       防湿処理をしていない床下地盤面からは1㎡あたり1時間に10g以上の水蒸気が出ていると言われています。

◎TSW工法ではこの対策として

(1)防湿フィルムで、床下からの湿気をシャットアウト
基礎コンクリートを打設する前に基礎下全体に防湿フィルムを施工します。
床下からの湿気をシャットアウトすると共に、床下の木部が腐るのを防ぎます。
(2)床組を支える地束は強化プラスチック製を採用
木材を使用せずプラスチック製にすることで、腐ることなく又、白蟻にも安心です。
床下湿気対策

2.TSW工法は床下の風通しを均一化

       住まいを丈夫で長持ちさせる為には、床下の換気が重要です。床下換気にはいろいろな方法がありますが、TSW工法では以下の方法を標準仕様として採用しています。

◎基礎パッキン工法で床下換気

基礎パッキン工法とは、土台と基礎コンクリート天端の間に通風用の隙間をとる為に、パッキンを設置。
このパッキンは、石材とプラスチックの複合材で出来ており強度・耐候性に優れた材料です。

(1)基礎の天端全体に換気用隙間が出来る為、コーナーの隅々まで換気し湿気を排除します。
(2)土台とコンクリート基礎が直接接触しないために土台が腐食するのを防ぎます。
基礎パッキン工法
基礎パッキン工法

ページトップへ




TSW工法は、地震や大型台風にも「余力」をもって耐え、荷重をバランス良く受け止めます。

耐震性能

地震に強い壁式構造です。
TSW工法は、枠組壁工法をベースに新日本ホームズ独自の強化を施した工法です。柱や梁(軸)で支える軸組工法に対して、4辺の壁、床、天井の6面体でがっちりと支える壁式構造が優れた耐震性を発揮します。しかもこの6面体は力学的にもバランスがよく、水平荷重、垂直荷重の力を分散し、建物全体で吸収。そのため揺れそのものが少なく、高い安全性を誇っています。
関東大震災の2倍以上に耐える強度です。
TSW工法の壁式構造の基本となるのが、枠組材と面材が一体化した高剛性のダイヤフラム(版)です。しかも、この面材に構造用合板等を使用した壁は、左右どちらかの力にも強く、筋交いだけでの壁面に比べ3倍の強度を持つことが確かめられています。これを耐力壁といいます。 また、アンカーボルトを約1.5倍にすることで、基礎と建物の緊結力を強化、せん断耐力比を大幅に向上させています。 さらに接合方法は、ほぞ等による点接合に代わり大きな力のかかる部分を構造金物と専用釘でしっかり緊結。建物を一体化する優れたシステムにより、枠組壁工法の住宅は、建設省の実験でも関東大震災の2倍以上の地震に耐えることが証明されています。
阪神大震災でも驚異的な強さを実証
1995年1月17日午前5時46分、兵庫県南部を襲った阪神・淡路大震災。この地震による家屋の被害は全壊10万1000棟、半壊を含めた一部損壊が約28万9000棟以上。しかし、このような壊滅的な状況下でさえ、調査によると、被災地の枠組壁工法住宅の96.8%が特に補修をしなくても継続して居住可能な状態を保ったことがわかっています。死者の9割にあたる人が建物の倒壊による犠牲者といわれてる阪神・淡路大震災、この事実からも住まいの耐震性がいかに大切であるかがわかります。
耐震
耐震
耐震

ページトップへ

耐風性能

あらゆる耐風対策で、大型台風にも安心な住まい。
福岡管区気象台の調べによると福岡県は平均年3回、台風に直撃されています。 TSW工法は、下記の2点の強風(台風)対策を標準施工として、万全の対策をとっております。
(1)屋根瓦の耐風・耐震補強

全ての瓦と瓦をビス止め及びボンド工法とし、瓦のズレ・震動によるハガレ・飛散・ヒビ割れを防ぎます。
(2)屋根吹き上げ防止対策

右図のように、「あおり止め金具」ハリケーンタイ(図中/青破線)を、全ての屋根タル木と外壁に接合します。これによって、毎秒90mの風にも耐えられることが証明されています。
耐風
耐風

ページトップへ

耐火性能

延焼を抑える「ファイヤーストップ効果」は、
構造・工法の違いにより大きな差があります。

TSW工法は、非常に耐火性に優れた工法で、「省令準耐火構造」に適合しています。

火が燃え広がりにくい構造である。
火の進行を防げる「ファイヤーストップ構造」
火は壁の内部や屋根裏を伝わって燃え広がるもの。2×4住宅では、このような火の道筋の要所に、防火区画の役割を果たす構造物(ファイヤーストップ材)を組み込み、居室から居室、1階から2階への燃え広がりを防止。延焼を遅らせます。これを「ファイヤーストップ構造」といいます。
耐火性に優れた資材を使用
TSW工法の室内は、水のフィルムで覆われているのと同様です。
壁や天井の下地に使用されている石膏ボードは、安定結晶状態にして硬化させたもので、その重量の21%は結晶水です。結晶水は万一の火災の場合、熱分解され部屋の壁面及び天井から水蒸気を発生し続け、約25分程度室内の温度の上昇を防ぎます。いわば室内は水のフィルムで守られていると云っても過言ではありません。特に直上に2階がのる1階天井に関して(居室)は、9.5mm石膏ボードを二重貼りにしています。
国が認めている省令準耐火構造で、火災保険料が安い
TSW工法は、その耐火性の点からも在来工法住宅よりも火災保険が大幅に安くなっています。
耐火
  • 構造
  • 構造
資料請求お問合せ

ページトップへ