住戸間に自然な開放感と安らぎを演出する「レストガーデン」や、住戸間に光が降り注ぎ、風が吹き抜けるゆとりの空間をデザイン。プライバシー、開放感、憩いの全てがバランス良く美しく街全体で調和するようデザインされた、オープン外構の進化です。

  • それぞれの邸宅にたっぷりの光や風が注がれるように配慮された建物配置や、プライベートアプローチをとなり合わせて家同士の距離をとる工夫などで、開放的で明るく爽やかな空間を生み出します。 また、建物の設計は街区全体を一帯としてコーディネートし、家同士の窓は視線が合わないように考えられています。プライバシーを守りつつ、見える景色には緑が見えるようにデザインしています。

  • 開放的でリズム感のある植栽、曲線を持ったアプローチにより境界を感じさせないデザインが安らぎと開放感を与えます。自然を構成する3要素である土(緑)・樹木・自然石によるランダムな組み合わせのお庭が自然との一体感を創出し、街なかに居ながら安らぎと心地よさを演出します。

  • スイートオリーブ(四季咲モクセイ)をはじめ、行橋市民の木や花などを採用。周辺の緑と調和する植栽をプランニングしました。

  • 各邸の間にゆとりの空間を設け、屋根の形状に配慮することにより、庭やリビングにたっぷりの光が注がれ、 風が吹き抜ける設計です。

  • 開放的でリズム感のある植栽、曲線を持ったアプローチにより境界を感じさせないデザインが安らぎと開放感を与えます。自然を構成する3要素である土(緑)・樹木・自然石によるランダムな組み合わせのお庭が自然との一体感を創出し、街なかに居ながら安らぎと心地よさを演出します。

  • 大小様々な植栽が暮らしの中で癒しの効果をもたらすとともに、各邸のプライバシーを守る役割を果たすよう 緻密に配置されています。

  • 変化に富んだ楽しい街並みを生み、それぞれのご家族のライフスタイルを象徴する個性的な雰囲気の漂う、一邸一邸に こだわった外観です。